HOME > アピナス TOP > アピナス誕生物語

天然保湿剤を配合した、アトピー肌への保湿重視の化粧品 アピナス スキンケアシリーズ

アピナス誕生物語


しおりは生後6ヶ月頃からアトピー性皮膚炎を発症しました。ママ(薬剤師)は保湿を中心にしたスキンケアが大切とは知りながらも、今から思えば手抜きのケアでした。

市販されている尿素配合ローションではヒリヒリ刺激が強くて、しおりはボトルを見ると逃げ回り、ワセリンは刺激は無いがベタベタしていまいち効果がなく、もっぱらステロイド軟膏に頼ってしまう日々がつづきました。 薬剤師 笹田

軽快と悪化を繰り返している間に、いつしかステロイドは3ランクアップ。
このままではいけない。安心して毎日使えるものをなんとかしなくては、と自分でつくることしにしました。

仕事の区切りがついたあと、時間を見つけては試験室にこもり試作を開始。
最初につくったのはシソエキスローション。
原料を厳選し、刺激成分を徹底的に排除したシンプル配合です。
持って帰り、娘に試すと辛い夜のかゆみが軽減し、久しぶりにぐっすり眠れる夜でした。

でも使っている内に試作では思ってもいなかった微量成分が悪化の引き金になってしまい、さらに改良を加えること30回以上。
あれこれ経過を見るうちにデーターが蓄積し、馬油、ボタンエキス、シルクエキスが刺激もなく保湿効果があることを確認し、ようやく毎晩使っても安心できるものができました。
アピナス スキンケアローション
ローションの次に手がけたのは、より保湿力を考えてクリームと、それに皮脂洗浄力ひかえめにしたソープです。
自家用として使い続けているうちに、そんなに良いのなら他の人にも使ってもらおうよ、と周囲からのアドバイスがあり、今日の「アピナス」に発展しました。

今ではステロイドを使わなくても、念入りなアピナスのスキンケアでアトピーを克服し、すべすべの肌がもどりました。